ひなまつりで春を演出

春の訪れとともにひなまつりなどの楽しい季節がやってきます!

ひなまつりは年に一度、女の子の健やかな成長を祈る日です。

女の子の成長を祈るひなまつりは、古くから草餅がよく食されていたそうです。ひなまつりはもともとは、中国の祓い(はらい)という厄払いの行事が日本に伝わったのが始まりだと言われています。

現在ではひなあられが親しまれていますね!

ひなあられは野外でのひな遊びに持ち運びがしやすいことから広まりました。ひなまつりの料理は、菱餅、ひなあられや白酒などの春を感じさせる可愛らしい料理が多いですね!

ひし餅には健康、長寿、洗浄、魔除けなどの意味が込められていますし、ひなあられには娘の健康を祈願する意味が込められていて、それぞれの料理や色にも縁起の良い意味が込められています。

ただ、ひなまつりの定番料理として親しまれているちらし寿司自体には、ひなまつりに由来があるわけではないようです。いつからかの縁起の良い具材が使われていることから、ひなまつりにちらし寿司が食べられるように変化していったようです。

春を感じさせる華やかな彩りは、春を演出するという大事な役割もあるようです。