タオルでコリをとるマッサージ法!シンプルで健康にもいいタオルマッサージ!

タオル マッサージ

筋肉の深層部はインナーマッスル、表層部はアウターマッスルといわれていますが、筋肉の深層部のインナーマッスルは疲労がたまりやすくコリやすい部分といえます。

筋肉のコリをマッサージをしてもらうと、筋肉の中の方が凝っている気がすると思う事があると思います。それは奥の方のインナーマッスルのコリなのです。

ストレッチなどで関節を伸ばしても表層部を伸ばすことができても深層部を伸ばす事は難しいのです。

そんなときには、筋肉調整の専門家の先生が考案された、「ダイレクトストレッチ」がおすすめです。これは、ストレッチなどではほぐす事が難しいインナーマッスルにもアプローチができます。簡単でシンプルな方法でできますので、ご興味がある方はぜひ試してみてください。

用意するものはファイスタオルタオル1本だけですので、気軽にはじめることができます。

フェイスタオルに結び目を作って固いコブを作ります。タオルを床において床に寝転がります。タオルを骨盤のつなぎ部分周辺にあてると姿勢が良くなったり、体がやわらかくなったり、椎間板ヘルニアの防止にも役立ちます。

気軽にはじめることができる格安タオルのHPはこちら