乾布摩擦とタオル

 

昔ならよくおじいちゃんが裸で乾布摩擦をしている姿を見ましたが最近は乾布摩擦している人ほとんど見かけなくなりましたね…。

裸でやらなくても、薄いTシャツの上からでもメリットも多い乾布摩擦を今回は解説していきたいともおいます!!

必要な道具といえば…

まず必要なものはタオルや手ぬぐいです。

乾布摩擦のデメリットとしては唯一、皮膚を擦って炎症させてしまう恐れがあるということです。

そのため、素材はナイロンなどの化学繊維ではなく、綿や絹、麻などの優しい素材のものを選ぶこと。

 

早速やってみましょう!

やり方は超シンプルで簡単です。

タオルを背中などに回して両はしを持ってこするだけ!!

擦っていくとじんわり温かくなってくるのがわかると思います。

背中以外にも太ももの裏などの足元もしっかりと擦ってあげてください。

肩甲骨のこりなどがありならタオルに玉を作って当てるのも良いのだとか。

強さは、強すぎない程度にし、血行促進させて細胞を活性化させましょう!

とにかく皮膚を傷つけないように気をつけてくださいね。

 

乾布摩擦の効果は?

  • 皮膚を摩擦することにより神経系の活性化
  • リラックス、安眠作用
  • 自律神経系の調整
  • 低血圧の緩和
  • 関節痛やしもやけの改善
  • 体臭改善効果
  • 風邪や喘息の予防
  • 寒さに強くなる

などと言った様々な効果が期待できそうです。

そのほかの健康法

タオルを使ったストレッチも身体が硬い方には、オススメです。

首や肩こりでお悩みなら、首の付け根に両手に持ったタオルを引っ掛けるようにして上を向き首の牽引にも使えます。

また、肩幅に両手でタオルを持ち、バンザイします。

そのままゆっくりと肩のラインまで下げるようにして、肩甲骨付近をアプローチ!簡単に肩甲骨剥がしもできて、意外にも効くのでお仕事の合間にもできます。

腰痛でお困りなら、寝た状態か座って片方の足を伸ばし、足裏にタオルを引っ掛けて裏ももが伸びるようにします。

しっかり深呼吸をしながら体の力を抜くのがポイントです。

腰痛で腰を刺激するよりもまずはその周りの筋肉を緩めてあげることで緩和します。

ぎっくり腰やヘルニアの方も接骨院や外科などで裏もものストレッチのアドバイスされることもあるほどです。

肩こりや腰痛にお悩みの方は、毎日のメンテナンスにタオルを使ったストレッチを寝る前などに取り入れてみてくださいね♪

深呼吸しながら、おたおるのタオルでストレッチしてリフレッシュもしてくださいね♪

毎日、気持ちよくお仕事に励んでいただけると幸いです!!