掃除のプロのシンプルなホコリの掃除方法とは!

タオル 掃除

掃除のプロによると「事後掃除」ではなく「予防掃除」が大切だと言います。

ホコリがたまりやすい場所にはホコリよけにカバーをつけたり、冷蔵庫の中に新聞紙を敷いておいて汚れたら取りかえるだけにするなどして、最初から汚れにくい仕組みを作っておく「予防掃除」で先に手を打っておくのだそうです。

予防掃除が難しい場所としてあげられるのは高いところの掃除ですが、家の高いところのホコリを落とすとホコリがたくさん落ちてきますし、水拭きをするとホコリでかえって汚れてしまったり、すじができて汚れが広がったりします。

そんなときにプロは、濡れタオルを乾いたタオルではさんで使います。濡れタオルを乾いたタオルで挟んで絞ることで、濡れタオルの水分を乾いたタオルに移します。濡れタオルのみよりも水分が少なくなって掃除にはちょうどよくなるのだそうです。

これで掃除をすると、ホコリは舞わずにホコリをキャッチしてすじができないのです。ホコリを落として、水拭き、乾拭きの順に掃除をするよりもシンプルでラクして掃除ができるのです。

格安お掃除タオルのHPはこちら