新元号「令和」について

日本の新元号が発表され話題となりましたね。

海外でも話題になり、発表された時は為替も変動して世界で大きな影響を与えました。

新元号の元になる歌

令和の典拠は万葉集の巻5の梅花謌32首の序文にある「梅花の宴」として知られる場面の一部です。

日本の歴史上で初となる日本の古典である国書からとってつけられたのも話題となりましたね。

「春の初めの良い月に爽やかな風が柔らかく吹いているその中で梅の花が美しい女性が鏡の前で白粉をつけておるかのように白く美しく咲き宴席は高貴な人が身に着ける香り袋のように薫っている」

というこの季節にふさわしい美しい歌から今回の元号が生まれました。

会見発表では、人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味が込められていることが現在の総理大臣安部総理が話されたのが印象的ですね。

しかし、一般の意見では「令和」に関してのネガティブな声も多く賛否両論が繰り広げられていますね。

令和の令の文字が「命令」の令というイメージが強かったり、「和」が昭和の戦争の時代のイメージを思わせるなどの意見が見受けられます。

とはいえ一体どんな時代になるのでしょうか。今後の日本が楽しみですね。

天皇陛下の生前退位

令和は、天皇が交代とともに5月1日から適応されます。

天皇陛下の生前退位と譲位が行われるのも、最後に行われたのは1817年の江戸時代から一切行われておらず200年ぶりに行われる大変貴重な日となるのですよ!

あまり興味のない人からすると「ふ〜ん」って言う感じですが、歴史的に見れば大きなイベントです。

そんな貴重な瞬間に立ち会えるのは、ちょっと嬉しいですね。

嬉しい使えるノベリティー

元号がわかることで、今年2回目のお正月のような気分になりますね!

この機会に、お取引先やクライアント様にご挨拶や感謝の意味を込めておたおるのタオルを利用して信頼を深めてみませんか?

お客様との距離を縮めたり、信頼を深めていくことは大変重要です。

そのきっかけは何でもよく、顔を合わせたり言葉を交わすことが大切なことです。

重要なビジネスの話をしなくても、挨拶や日常会話を重ねることも長いお付き合いをするにあたっては忘れてはいけないことの一つです。

おたおるのギフトには、オプションをつけることも可能です。

普段ちょっとしたことに使える、除菌シート、スポンジ、シミ抜きなどのちょっとしたのベリティーを付けて差をつけましょう♪

ノベリティー一覧はコチラ!!