生花店のビジネスモデル!

生花店は難易度の高いビジネスモデルと言われています。扱っている花木などは生鮮食品のように賞味期限は短く、在庫のリスクもあり、お手入れなどをして商品管理をしなければならずランニングコストも高くついてしまうのだそうです。

競合店も多くて、集客がしずらいなど経営をする上での課題はたくさんあるのだそう。

ある花屋を経営する社長さんもそんな悩みを抱えていました。

そこで経営を一から見直したのだそうです。そして花の仕入れ価格が変動している事が利益の管理を難しくしていることに気づいて、生花市場で仕入れることをやめ、生産者から直接仕入れることにしたのだそうです。

こうして、在庫を極力減らして利益に管理がしやすいビジネススタイルに転換した結果、利益率は好転していきました。他の戦略と併せることによって客単価も向上して毎年利益が増えているといいます。

商売は、商品を仕入れるためのお金が必要になり、人件費や税金、家賃、広告費などの支払い等、常にお金を動かしていかなければならず、お金を回していくそんな技術を磨いていかなければならないのですね。

【格安業務用粗品タオル お花屋さん向け】