梅雨の風情と雨を楽しむ!梅雨に濡れたアジサイの風情にふれて過ごしてみる!

梅雨はジメジメとしたイメージを持っていますがこの時期の雨は恵みの雨とも言われ、稲作では梅雨入りは田植えの日取りを決めるのには必要なのだそうです。

豊かな実りを願いつつ、梅雨を楽しんでいきましょう。

梅雨という字には梅の字が使われていますが、梅の実が色づき熟す頃に雨が降ることから梅雨という名前がついたようです。

梅雨時に咲く花は、アジサイ、アヤメ、ガーベラなどがあります。梅雨に咲く花といえばアジサイですがアジサイには日本古来の「ガクアジサイ」と「西洋アジサイ」があります。

「ガクアジサイ」は額縁のように額を縁取るように周囲にだけ花を咲かせて、「西洋アジサイ」は手まり状に丸く咲かせます。私たちがよく目にするのは「西洋アジサイ」の方が多いように感じます。

「ガクアジサイ」は咲き終わるまでに淡緑色→白色→藍色→淡紅色と色が変わっていくので、私たちの目を楽しませてくれます。

アジサイの花言葉が「移り気」なのは、アジサイの色が変化するためと言われています。

梅雨に濡れたアジサイを鑑賞をしながら、雨の降る音などを楽しんで梅雨ならではの風情を楽しんでください。

 

 

母の日に感謝を伝えるカーネーションの由来

カーネーションを贈って母親への感謝を伝える母の日。母の日はアメリカに住むアンナ・ジャービスという少女が、1905年5月9日に亡くなった彼女の母親を追悼するために母が大好きだったカーネーションを祭壇に飾り、出席者にも配ったことに由来しているといわれています。

このことがきっかけで、5月の第2日曜日が母の日に制定され、やがて母親にカーネーションが贈られるようになったのです。

赤いカーネーションの花言葉は「母親への愛」です。

カーネーションは母性愛を象徴する花と言われていて、十字架に架けられたキリストに聖母マリアが落とした涙から生まれた花だとも言われています。

花に込められた意味などを話しながらプレゼントすれば、お母さんとの絆も深まりますね。これを機会に絆を深めてください。

母の日のギフトで人気なのは、やはりカーネーションなどのフラワーギフトです。

お母さんには花のようにいつも明るく、いつまでも元気でいてほしいそんな願いを込めてお母さんに似合いそうな花を選んであげたいですね。

フラワーギフトには、毎日使えるエプロン、ハンカチ、タオルなどを一緒に添えるのが定番のアイテムです。毎日使えるので喜んでもらえますね。普段はなかなか伝えられない感謝の気持ちを伝えられるといいですね。

イースターの月に500個のパンを売るパン屋さん

毎年、3月から4月にかけて行われているキリスト教行事である復活祭「イースター」のイベントで売上を増やしているパン屋さんがあります!

東京都にあるドイツパン専門店では、イースターの時期にはウサギなどの形をした期間限定のパンを並べています。多い時にはウサギだけでも月500個も売ることがあるそうです!

社長さん曰く、このイベントが盛り上がるのは店内が華やかな印象になっているため、お客さんが足を運びやすくなっているからで、これらはプレゼント向けが多いといいます。

普通はパンはギフトには向いていない商材ですが、この企画を開催したことで、お客さんの「パンをギフトとして購入する」という動機を引き出すことに成功しています。

この企画があったおかげで売上が増加しましたが、これはこの企画を開催してみなければ発見ができなかった事ですね。

他店がやっていないような新しい売り方を発見するには、色々なイベントなどにも挑戦して、このような積み重ねが販促の成功確率を上げて行くのですね!

パン屋さんのおすすめ記事

ひなまつりで春を演出

春の訪れとともにひなまつりなどの楽しい季節がやってきます!

ひなまつりは年に一度、女の子の健やかな成長を祈る日です。

女の子の成長を祈るひなまつりは、古くから草餅がよく食されていたそうです。ひなまつりはもともとは、中国の祓い(はらい)という厄払いの行事が日本に伝わったのが始まりだと言われています。

現在ではひなあられが親しまれていますね!

ひなあられは野外でのひな遊びに持ち運びがしやすいことから広まりました。ひなまつりの料理は、菱餅、ひなあられや白酒などの春を感じさせる可愛らしい料理が多いですね!

ひし餅には健康、長寿、洗浄、魔除けなどの意味が込められていますし、ひなあられには娘の健康を祈願する意味が込められていて、それぞれの料理や色にも縁起の良い意味が込められています。

ただ、ひなまつりの定番料理として親しまれているちらし寿司自体には、ひなまつりに由来があるわけではないようです。いつからかの縁起の良い具材が使われていることから、ひなまつりにちらし寿司が食べられるように変化していったようです。

春を感じさせる華やかな彩りは、春を演出するという大事な役割もあるようです。