旅館のおもてなしで予約がいっぱいになる方法!小規模な旅館の戦略と

旅館の戦略として『宿泊費を安くして集客をする』『お得感を演出して予約を増やす』こんなふうに考えていませんか?

安いプランで利益を出すには経費を削減しなければならなくなり、食のクオリティなどが下がってしまうとまた宿泊したいと思ってもらうことが難しくなるかもしれませんね。

食事のグレードを上げることはできなくても、予約をしてくれた方にDMを郵送したりおもてなしで人気のある旅館はリピート化やファンづくりなどに注力しているのです。

とある旅館に雪が降る季節に予約をした時に「お車でお越しの際にはチェーンが必要です」と事前に連絡していただいた時は本当に助かり、またぜひ宿泊したいと思いました。

ちょっとした心遣いがおもてなしにつながるのです。

誕生日や結婚記念日などではなくても、特別な日は誰にでもあります。事前にお客様の情報を聞き出せていなくても初めての来店記念、○月の来店記念、2回目の来店記念、令和の来店記念など記念日を作ることもできますので、プレゼントを用意しておけばサプライズにもなります。

ちょっとした心遣いで喜んでいただけるようにハンドタオルなどに旅館のクーポン券などをつけてお渡しすると日常でハンドタオルを使うたびに旅館での思い出を印象付けることができます。

おもてなしの気持ちが伝わる格安ふわふわハンドタオルのHPはこちら

外国人に人気の桜ギフト!アメリカで大ヒットのライフスタイルの本!

著者のジェニファーはアメリカの学生でした。パリの大学に留学することになって、元貴族の家にホームステイをします。

この本はホームステイ先での、シンプルでエレガントなライフスタイルを提案するエッセイなのですが、ある日、身の毛もよだつ体験をします。

風邪をひいてしまった彼女にホームステイ先では、スープなどを作って看病をしてくれました。そして渡された体温計を口にくわえると、「ジェニファー!ノン!」と慌てて叫びます。

「その体温計は、口で測るんじゃないのよ!それは・・・」

フランスでは体温は肛門で測るのが一般的だったのです。思わず、体温計を吐き出すジェニファー。この恐怖の体験からジェニファーは「訪れる国の習慣を知っておいた方が賢明。相手の習慣や考えを理解する事が大事」ということを学びました。

『フランス人は10着しか服を持たない』のジェニファー・スコットさんは、テレビ番組の世界一受けたい授業にも出演したり、ベストセラー作家でもあります。

「自分のスタイルを見つける」「ノーメイクみたいにメイクする」「ささやかな喜びを見つける」「情熱を持って生きる」など日常が特別なものに見えてくるライフスタイルについて綴っている彼女の著書は読み応えがあってとても勉強にもなります。

外国人もうれしい桜ギフトセットのHPはこちら