母の日に感謝を伝えるカーネーションの由来

カーネーションを贈って母親への感謝を伝える母の日。母の日はアメリカに住むアンナ・ジャービスという少女が、1905年5月9日に亡くなった彼女の母親を追悼するために母が大好きだったカーネーションを祭壇に飾り、出席者にも配ったことに由来しているといわれています。

このことがきっかけで、5月の第2日曜日が母の日に制定され、やがて母親にカーネーションが贈られるようになったのです。

赤いカーネーションの花言葉は「母親への愛」です。

カーネーションは母性愛を象徴する花と言われていて、十字架に架けられたキリストに聖母マリアが落とした涙から生まれた花だとも言われています。

花に込められた意味などを話しながらプレゼントすれば、お母さんとの絆も深まりますね。これを機会に絆を深めてください。

母の日のギフトで人気なのは、やはりカーネーションなどのフラワーギフトです。

お母さんには花のようにいつも明るく、いつまでも元気でいてほしいそんな願いを込めてお母さんに似合いそうな花を選んであげたいですね。

フラワーギフトには、毎日使えるエプロン、ハンカチ、タオルなどを一緒に添えるのが定番のアイテムです。毎日使えるので喜んでもらえますね。普段はなかなか伝えられない感謝の気持ちを伝えられるといいですね。

生花店のビジネスモデル!

生花店は難易度の高いビジネスモデルと言われています。扱っている花木などは生鮮食品のように賞味期限は短く、在庫のリスクもあり、お手入れなどをして商品管理をしなければならずランニングコストも高くついてしまうのだそうです。

競合店も多くて、集客がしずらいなど経営をする上での課題はたくさんあるのだそう。

ある花屋を経営する社長さんもそんな悩みを抱えていました。

そこで経営を一から見直したのだそうです。そして花の仕入れ価格が変動している事が利益の管理を難しくしていることに気づいて、生花市場で仕入れることをやめ、生産者から直接仕入れることにしたのだそうです。

こうして、在庫を極力減らして利益に管理がしやすいビジネススタイルに転換した結果、利益率は好転していきました。他の戦略と併せることによって客単価も向上して毎年利益が増えているといいます。

商売は、商品を仕入れるためのお金が必要になり、人件費や税金、家賃、広告費などの支払い等、常にお金を動かしていかなければならず、お金を回していくそんな技術を磨いていかなければならないのですね。

【格安業務用粗品タオル お花屋さん向け】

お花屋さん向けのフェイスタオル販売開始しました

お花を購入されたお客様へ感謝の気持ちをこめて

お花を購入されたお客様のお会計の時などに、
「よろしければ、こちらのタオルをどうぞ」
みたいにさりげなくタオルをプレゼント

お花はお水を使用しますので、お客様はきっと喜ぶと思います。

普通の粗品タオルも良いのですが、
おたおるスタッフが心をこめて作成した世界に一つだけの、
熨斗タオルはいかがでしょうか?