母の日に感謝を伝えるカーネーションの由来

カーネーションを贈って母親への感謝を伝える母の日。母の日はアメリカに住むアンナ・ジャービスという少女が、1905年5月9日に亡くなった彼女の母親を追悼するために母が大好きだったカーネーションを祭壇に飾り、出席者にも配ったことに由来しているといわれています。

このことがきっかけで、5月の第2日曜日が母の日に制定され、やがて母親にカーネーションが贈られるようになったのです。

赤いカーネーションの花言葉は「母親への愛」です。

カーネーションは母性愛を象徴する花と言われていて、十字架に架けられたキリストに聖母マリアが落とした涙から生まれた花だとも言われています。

花に込められた意味などを話しながらプレゼントすれば、お母さんとの絆も深まりますね。これを機会に絆を深めてください。

母の日のギフトで人気なのは、やはりカーネーションなどのフラワーギフトです。

お母さんには花のようにいつも明るく、いつまでも元気でいてほしいそんな願いを込めてお母さんに似合いそうな花を選んであげたいですね。

フラワーギフトには、毎日使えるエプロン、ハンカチ、タオルなどを一緒に添えるのが定番のアイテムです。毎日使えるので喜んでもらえますね。普段はなかなか伝えられない感謝の気持ちを伝えられるといいですね。