知られざる母の日の秘密

もう母の日が間近ですね!

毎年母の日の贈り物は悩みますね〜。

さて、母の日の起源をご存知でしょうか?

日本の母の日は、アメリカから伝わってきましたが実は「母の日」だとは誰もが思わない日に母親に感謝する趣旨の祝日は日本にあります。

その答えは、5月5日の「こどもの日」なのです。

祝日法によると、「こどもの人格を重んじこどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」という趣旨があるのです!

 

では、アメリカから伝わった母の日の起源を詳しくご説明します。

1905年ヴァージニア州に住むアンナ・ジャービスという女性が、彼女の母アンの死をきっかけに母の日が誕生したと言われています。

アンナの母アンは、牧師の夫を亡くしてから女手一人でアンナを育て上げただけでなく、当時には珍しい女性社会活動家でもありました。

南北戦争の時には“中立”という立場に立ち、南北の兵士たちの看病や双方の敵意を無くす為のイベントを試みたり、戦争が終わってからもその活動は続き多くの人々を支え続けました。

当時は女性という立場が低かったのにも関わらず大成功を納めました。

クリスチャンでもあるアンは26年間の間日曜日学校の牧師も務めていたそうです。

そんな社会に貢献し続けたアンは、心臓病を患っており生き残りの子供達に見守られながら息を引き取りました。

そんなアンの背中を見て育ったアンナは、母親たちを讃える組織を作り、礼拝ではかつて母アンが好きだった白いカーネーションを参拝者全員に送るなどをし、新たな祝日の創設者になったのです。

母の日は公式に母アンの命日が5月9日だったことから5月の第二日曜日に設けられた。

アンの利他の精神で人々に尽くした実績とお母さん想いのアンナの気持ちが国を動かしましたね。

日本に伝わったのが、1913年に行われた青山学院で行われた礼拝がきっかけとなり、広まっていったようです。

日本でも健在の方へは真っ赤なカーネーションを贈り、鬼籍に入った方へ送るのは白いカーネーションを贈ります。

オーストラリアでも5月の第二日曜日が母の日とされており、クリサンセマムという菊の花を贈ったり、身につけたりします。

 

実は日本でも「母の日」を掲げ活動していたことがあるようです。

昭和6年に結成された大日本婦人会が香淳皇后の誕生日である3月6日を母の日としていたのだが、残念なことに普及されなかったようです。

 

どんな形であれ、今自分自身がここに存在していることに喜びを感じ、母の尊さや感謝を表したいですね!

 

 

母の日に感謝を伝えるカーネーションの由来

カーネーションを贈って母親への感謝を伝える母の日。母の日はアメリカに住むアンナ・ジャービスという少女が、1905年5月9日に亡くなった彼女の母親を追悼するために母が大好きだったカーネーションを祭壇に飾り、出席者にも配ったことに由来しているといわれています。

このことがきっかけで、5月の第2日曜日が母の日に制定され、やがて母親にカーネーションが贈られるようになったのです。

赤いカーネーションの花言葉は「母親への愛」です。

カーネーションは母性愛を象徴する花と言われていて、十字架に架けられたキリストに聖母マリアが落とした涙から生まれた花だとも言われています。

花に込められた意味などを話しながらプレゼントすれば、お母さんとの絆も深まりますね。これを機会に絆を深めてください。

母の日のギフトで人気なのは、やはりカーネーションなどのフラワーギフトです。

お母さんには花のようにいつも明るく、いつまでも元気でいてほしいそんな願いを込めてお母さんに似合いそうな花を選んであげたいですね。

フラワーギフトには、毎日使えるエプロン、ハンカチ、タオルなどを一緒に添えるのが定番のアイテムです。毎日使えるので喜んでもらえますね。普段はなかなか伝えられない感謝の気持ちを伝えられるといいですね。

雨の日を快適に過ごすワザ

雨の日は好きですか?

私は嫌いではないのですが少しだけ苦手です。洗濯物を外に干せなかったり出かけると洋服や靴がびしょびしょになったり、部屋の中がジメジメしたり・・・・・・。

こんな時こそ、家の中の布製品を変えてみるのがいいのです。クッションカバーやカーテンなどをイメージチェンジしたり。

テーブルクロスやランチョンマットなどを変えてみたり。

家の中を模様替えする機会はあまりないので、とても新鮮で明るい気持ちになります。

例えば、タオル。

タオルを新しく新しくすることで気持ちがとてもスッキリします。新しいタオルが並んでいると幸せな気持ちになります。手軽でとても新鮮ですね。

そして取り替えたタオルは少し切って、使い捨ての布雑巾にするのがオススメです。この布雑巾、キッチンや洗面所などですぐに掃除ができてそのまま捨てられるので手軽で使いやすいのです。

部屋の汚れを落として、気持ちもスッキリする布製品の模様替え。梅雨前にいかがでしょうか。

 

おしぼりで作るハッピーアート

おしぼりは日本のおもてなしの心から生まれたものです。

その歴史は、日本書紀や古事記が書かれた頃まで遡ると言われており、江戸時代では木綿の手ぬぐいと桶が宿屋で用意されていたようです。

手ぬぐいを水に浸し絞って手足の汚れを拭うことから「おしぼり」という言葉が生まれたと言われています。

そんな「おしぼり」でおもしろアートができるのをご存知ですか?

子供の時によくリボンを作って遊んでいましたが、予想をはるかに超えるクオリティーの高いお人形が簡単に作れちゃうんです!

おしぼりで、犬、トトロやペンギン、うさぎ、ひよこなど色々と作れてしまいます。

針と糸も使わずに作ることができ、固定する際には輪ゴムで十分です。

リアルさを求めるなら、百円均一ショップの裁縫コーナー売ってる目の飾りやビーズ、リボンなどで飾り付けをするとオリジナリティーも出せて良いですよね♪

少しテクニックは必要かもしれませんが、針を使わないで済むので安全性が高く、お家で小さなお子さんと一緒に作ったり、子供会や介護施設でのイベントで作っても喜んで頂いてけるのでないでしょうか?

では、初心者でも作れる「アヒル」の作り方をご紹介します。

<アヒルの作り方>

  1. まず三角に折る
  2. 折った方から細く丸めていく
  3. 半分に折りたたみ、片方を山折りと谷折りを作る
  4. 残りを包み込むようにして巻く
  5. 最後は中に折り込んで嘴を整えて出来上がり!

洗面所やバスルームに飾ったり、テーブルに飾るのも可愛いですね。

肌触りの良いおしぼりで作っていると、思わず手に取りたくなります。

お店で出すおしぼりを一工夫!バラのおしぼりでおもてなしなんていかがでしょう?

お客様の心に残り、リピート率もアップするかも?!

<バラのおしぼりの作り方>

  1. 四隅を中心に向かって折ります
  2. おしぼりを上から下にたたむ
  3. 半分の位置で下から上にたたむ
  4. 左右の端を包み込んで開いていけば完成!

簡単に作れる反面崩れやすいので、しっかり引っ張りながら作っていくと綺麗に作れますよ。

 

 

ユーチューブのコメント欄を見てみると、外国人からのコメントの方が多かったのでびっくりしました。

外国人の方にもウケがいいので、外国人客が多いお店で取り入れると喜ばれそうですね♪

そういえば海外で「おしぼり」ってあまり出てこないですよね。

タオル人形アートの作り方は動画でみるとわかりやすいので、詳しくは下記のリンクを参考に作ってみてください。

参考動画はこちらからご覧ください!

 

 

おたおるでは様々なおしぼりを取り扱っております。

テクスチャーやデザインなど実際に手にとって見てみたい方のために、サンプルセットも全種8枚送料込み1000円でご用意しております!

お気軽にお試しくださいね。

安いのに品質の良いおたおるのおしぼりはこちら

 

乾布摩擦とタオル

 

昔ならよくおじいちゃんが裸で乾布摩擦をしている姿を見ましたが最近は乾布摩擦している人ほとんど見かけなくなりましたね…。

裸でやらなくても、薄いTシャツの上からでもメリットも多い乾布摩擦を今回は解説していきたいともおいます!!

必要な道具といえば…

まず必要なものはタオルや手ぬぐいです。

乾布摩擦のデメリットとしては唯一、皮膚を擦って炎症させてしまう恐れがあるということです。

そのため、素材はナイロンなどの化学繊維ではなく、綿や絹、麻などの優しい素材のものを選ぶこと。

 

早速やってみましょう!

やり方は超シンプルで簡単です。

タオルを背中などに回して両はしを持ってこするだけ!!

擦っていくとじんわり温かくなってくるのがわかると思います。

背中以外にも太ももの裏などの足元もしっかりと擦ってあげてください。

肩甲骨のこりなどがありならタオルに玉を作って当てるのも良いのだとか。

強さは、強すぎない程度にし、血行促進させて細胞を活性化させましょう!

とにかく皮膚を傷つけないように気をつけてくださいね。

 

乾布摩擦の効果は?

  • 皮膚を摩擦することにより神経系の活性化
  • リラックス、安眠作用
  • 自律神経系の調整
  • 低血圧の緩和
  • 関節痛やしもやけの改善
  • 体臭改善効果
  • 風邪や喘息の予防
  • 寒さに強くなる

などと言った様々な効果が期待できそうです。

そのほかの健康法

タオルを使ったストレッチも身体が硬い方には、オススメです。

首や肩こりでお悩みなら、首の付け根に両手に持ったタオルを引っ掛けるようにして上を向き首の牽引にも使えます。

また、肩幅に両手でタオルを持ち、バンザイします。

そのままゆっくりと肩のラインまで下げるようにして、肩甲骨付近をアプローチ!簡単に肩甲骨剥がしもできて、意外にも効くのでお仕事の合間にもできます。

腰痛でお困りなら、寝た状態か座って片方の足を伸ばし、足裏にタオルを引っ掛けて裏ももが伸びるようにします。

しっかり深呼吸をしながら体の力を抜くのがポイントです。

腰痛で腰を刺激するよりもまずはその周りの筋肉を緩めてあげることで緩和します。

ぎっくり腰やヘルニアの方も接骨院や外科などで裏もものストレッチのアドバイスされることもあるほどです。

肩こりや腰痛にお悩みの方は、毎日のメンテナンスにタオルを使ったストレッチを寝る前などに取り入れてみてくださいね♪

深呼吸しながら、おたおるのタオルでストレッチしてリフレッシュもしてくださいね♪

毎日、気持ちよくお仕事に励んでいただけると幸いです!!

 

 

言葉の魔法

「ありがとう」は言葉の魔法ということをご存知ですか?

例えば、パンに「ありがとう」と書いたものは長持ちし、反対に「バカヤロー」などネガティブな言葉を書いたものはすぐに腐ってしまう実験も一時期流行りましたね。

また、水の結晶もありがとうを書いた方は美しく、ネガティブワードの方は崩れた結晶になるというのも有名です。

ありがとうやポジティブな言葉には、途轍もないパワーが宿っているに違いありません!!

ありがとうの意味

ありがとうを検索してみると、「滅多とない」「めずらしい」という意味でもあります。

語源は、「有り難し」

有ることが難しいとかいて「有り難う」なのです。

 

元々は、「人間に生まれてきてよかったか?」とお釈迦様に弟子が聞かれるというエピソードが法句経の中にあり、生命の驚きと感動を伝えるための言葉だったのが時代の流れで感謝を表す言葉になったと言われています。

 

ありがとうの反対語

また、反対の言葉はなんでしょうか?

答えは「当たり前」です。

 

毎日の生活は果たして「当たり前」なのでしょうか?

朝起きて、ご飯を食べて、排泄をして、仕事をして、人と関わって…

時には、泣いて、怒って、笑って、喜んで…

全てのことが実は「有り難い」ことだらけなのです。

 

当たり前のように起こっていることやしていることも、よくよく考えてみると大変貴重なものの連続です。

 

だから、全てが「有り難う」なのです。

心の中で思うのもいいですし、「ありがとう」と言葉にしてみたり、伝えることは、ものすごく価値のあることです。

 

その言葉は心を通わせ人と人を繋いでくれる魔法の言葉なのです。

 

心の底からそう思えなくても口に出して言っていると、不思議と心から思えてくる日がやってきます。

大切な人にはありがとうを贈ろう

日頃から家族や身の回りのスタッフ、関わるお客様やお取引の有る方にも様々な形で表現したりお伝えすることも大切です。

 

ビジネスにおいては、緻密に信頼関係を築き上げてことは不可欠です。

 

素敵な感動の連鎖が起こりますように、こんな商品もございますよ♪

様々な業種、多種多様なデザインを取り揃えております。

感謝の気持ちを伝えることが出来るタオルグッズで、日頃の感謝の言葉とともに送られてみてはいかがでしょうか?

 

タオルを贈りにいくついでに、濃く円滑なコミュニケーションを計り、信用、信頼度も上げて関係性を深めていきましょう!!

 

この記事も読んでくださり、ありがとうございます♪

 

 

風水の基本的な考え方!タオルで開運する!

風水の基本的な考え方としては「木」「火」「土」「金」「水」という気をバランスよく取り入れることで幸運を引き寄せる方法とされています。

風水といえば、京都が有名ですが、皇居のある江戸城の跡地も風水を基にしていて東京都内でも有数のパワースポットと言われています。

そして、風水で有名な建築士のDr.コパさんは「タオルは開運を導く重要なアイテム」と語っています。

確かに硬くなってきたり、色あせてきた古いタオルを使い続けるのは運気を落としてしまうそうです。ゴワゴワしたタオルを使い続けると、風水的には健康にも影響が出たりするのだそうです。

逆にタオルを新調すると新しい運を呼び込めるのだとか。

古くなったタオルはお掃除用にできるので、部屋もキレイになって一石二鳥ですね。

確かに、毎日顔を洗ったり、手を拭いたりと直接体に触れるタオルがゴワゴワしていたり色あせていたり、衛生的ではなかったら健康にも影響が出てきそうですね。

そう考えてみると、タオルは開運に関係しているのかもしれませんね。日常で、少しでも継続的にポジティブなエネルギーを取り入れていきたいものです。

【お肌にやさしい和の心さくらタオルセットはこちら】

贈って嬉しい、もらって嬉しい今治タオルの魅力

世界が感動した

ジャパン・クオリティー

IMABARI TOWEL

120年という驚異の歴史を持つ今治で愛され育ったタオル

ひとつひとつの工程に職人の技が宿っており、細部にまでこだわりを持って作られています。

メイドインジャパンを象徴するようなロゴも、世界中でメジャーとなりました。

今治市が誇る、高品質タオルブランドの「今治タオル

今回は、今治タオルの魅力についてお伝えしたいと思います。

今治タオルのブランドロゴ

今治タオルの可愛いロゴにもちゃんと意味があるのです。

赤は、活動的、情熱的、先進的な生き生きとした活発なイメージを持っています。ブランドロゴでは、日本を象徴する商品であることの位置付けを意味します。

そして青は、品質の安全性や信頼性、歴史と伝統、落ち着きのある好感のもてる色です。今治タオルの歴史や品質のシンボルカラーです。

最後に白は、優しさ、清らかさ、清潔感、無垢、癒し、真心などハートフルでピュアなイメージカラー。今治タオルの無限の可能性を表しています。

 

高品質の基準は5秒ルール

今治タオルの高品質の基準はなんと「5秒ルール」というものがあります。

タオルを水に浮かべて、5秒以内に沈み始めるかどうか

というのが「5秒ルール」

それほど瞬時に水分を吸収することが出来るのです。

他にも、パイル保持性、脱毛率、染色堅ろう度などの試験などの基準を満たしたものだけに、今治のロゴがつけられます。

タオルソムリエ制度

タオルの良さを世界に伝えていくためのタオルソムリエと言われるアドバイザーを育成しているのだとか。

タオルソムリエとは、タオルにはどんな種類があるのか、種類によって何が違うか、またどんな風に使い分けたら良いかなど凡人なら気付けないようなことまで知り尽くしたのアドバイザーです。

お客様が本当に喜ぶための提案ができるプロフェッショナルを育成している今治ブランド。

ただのタオル屋さんではないことがわかります。

人の喜びのために考え「愛」で作られたタオル

こだわった材料や環境、伝統や歴史を大事にしている今治ブランドの魅力はおわかりいただけたでしょうか?

こんな愛情いっぱいで作られたタオルで毎日を過ごすことが出来ると、気分も良くなるに違いありませんね。

デザインもオシャレなものばかりで使い心地も申し分ありません!

そんな人の想いからできたタオルは贈っても嬉しいし、もらった方も嬉しくなるのではないでしょうか。

今治タオルのラインナップはこちらから!

会社や個人事業をはじめる時の粗品!

会社や個人事業をはじめたばかりの時、取引先やご近所への挨拶周りなどで、名刺以外の粗品は何を持っていったらいいのか、迷ってしまいます。

通常はタオルかお菓子などが多いのですが、はじめたばかりであまり予算が取れないという事もあると思います。タオルに社名を入れる予算がない時などは、社名は入れずに熨斗付きのタオルにしたり、熨斗付きで名刺が入るポケット付きのタオルがおすすめです。

なぜおすすめかというと、粗品としてタオルを選ぶのはコストパフォーマンスが一番いいからです。また、お客さんになる方に対して、熨斗や名刺で社名などをアピールしておけるためです。

ご近所の方が、営業先となるような業種ならば特に、名刺ポケット付きにタオルを選んでおくのが効率的ですね。

まとめて発注するので、熨斗や名刺ポケットがついていても、1枚100円以下で注文できます。結果、タオルは安くて使い勝手も良く今後の営業にも活用できるのです。

もらった方も、何かと便利に使えますし、もらって邪魔になるものではないのです。

 

🔘のし付きタオルランキングはこちら

簡単に運気をあげられる秘密

不安なことがあったり、今後何か始めるに当たって、神社へお参りしておみくじを引いたり、占いなどに行ったご自身の運気を占う方も多いですよね。

運気を気にするよりも自分自身で運気をあげることが出来るならそちらを選択しませんか?

しかも簡単にあげることが出来るのです!!

それはなんと!

「お掃除」なのです!!

 

「掃除か〜」と思う方も多いかもしれませんが、掃除の本質をしれば納得いただけるのではないでしょうか。

 

清掃という漢字にもそのことが表れています。

清は、汚れ(穢れ)を払って清める。

掃は、清めること、払う=祓うという意味です。

清掃は、祓い清めるということなのです。

 

物が溢れかえっていたり汚れが溜まっていると、場の気の流れも停滞し、その場を使用する者の運気が下がると言われています。

その為、ご自身の身を置く時間の長い職場や自宅はいつもスッキリきれいにしておくと気の流れが良くなり、邪気も祓いやすいのです。

年末の大掃除に一気にやるのではなく、毎日こまめに磨いておくと良い状態を保ちやすいです。

精神的にも場をきれいにしていると心の鬱滞も改善し、精神的にも安定した状態で生活しやすくなるデーターもあるほどです。

運気だけでなく、肉体や精神的にも、いつもきれいにしておくことは大変重要なことなのです。

物ひとつにしろきれいに使い、磨いておくと長持ちし、その物自体がラッキーアイテムに変わることでしょう!

私自身、昔は掃除が大嫌いだったのですが、あることがきっかけで掃除をするのが好きになりました。

掃除する習慣が身についてからというと、嫌な人と関わることがなくなったり、お金の流れが良くなったりと、良いことの方が増えたように思います。

掃除をすることで精神的にも安定し、スッキリします。

運気も精神的にも肉体的にも向上してきているので、毎日の掃除は欠かせないものとなりました。

また、掃除する際に欠かせない掃除しやすい掃除道具もちゃんと選びたいものです。

なるべく使いやすく長持ちしやすいものを選ぶようにしています。

掃除に適したタオルはこちら!

おたおるの雑巾タオルは、ベトナムより輸入した良質なタオルを全国のホテル、ゴルフ場、介護施設等に販売しており、低価格でご好評いただいております。

ご要望にお応えいたしまして、B品タオルをさらに低価格にてご提供しております。

お掃除用としてや、震災や台風の影響による被害の復興支援などにもご活用いただけます。